続・安全な国ニッポン


今年の東京の冬は、例年よりも寒かった。

しかし一歩ビルの中に足を踏み入れたり、タクシーに乗り込んだりすると、暖房が強くて頭がぼおっとしてしまった。

私が住んでいるドイツでは、これほど暖房が効いていることはめったにない。

日本に来る前は、「ウォーム・ビズ」のかけ声の下に、オフィスビルの温度を下げると聞いていたが、屋内の温度が低いと感じたことは一度もなかった。

特に暑かったのは、永田町の参議院会館の地下にある食堂で、上着を脱いでワイシャツの袖をまくりあげないと、汗が全身から吹き出るほどだった。

地下鉄や
JRの暖房も、ちょっと強すぎるのではないか。

あれだけ座席から下半身を暖められると、どうしても睡魔に襲われる。

ヨーロッパでは、電車の中で熟睡している人を見ることは、ほとんどない。

その理由は暖房が日本ほど強くないということだけではなく、盗難などの危険があるため、電車では居眠りをしない方が無難だからである。

安全といえば、ドイツのスーパーマーケットには、全ての出入り口に商品を万引きされた時に、警報が鳴る機械が取り付けられていることが多い。

エレベーターから地下の車庫に商品が持ち出されるのを防ぐために、エレベーターの中にまでこの「商品感知器」が取り付けられていることもある。

日本のスーパーやデパートでは、このような装置を見ることはめったにない。

もしもドイツのように商品センサーを取り付けたら、客は常に疑われているような気がして、その店に来なくなるかもしれない。

ドイツの経営者は、客への気配りよりも、万引き防止というリスク管理の方を重視しているのだ。

もう一つ、日本は「安全な国だなあ」と思ったのは、成田空港で携帯電話を借りた時のことである。

ドイツなど欧州諸国の携帯電話は、暗証番号を入力しないと、使えない。

盗まれた時に、電話をかけられないようにするためである。

これに対し、日本のほとんどの携帯電話には、暗証番号はいらない。ドイツの仕組みに慣れた人には、日本の携帯電話のシステムはいささか不用心に思えるだろう。

もちろん携帯電話を落としたり、盗まれたりしないにこしたことはないが、その万一の事態に備えるのが、リスク管理である。

また日本の出版社や新聞社では、受付を通過せずに、外部からエレベーターに乗ってまっすぐ編集部に行ける建物が多く、驚いた。

これも欧米の出版社や新聞社では、考えられない「オープンさ」だ。

参議院と衆議院の議員会館でも、荷物検査が全然ないので、驚いた。

ベルリンの議員会館に入る時には、金属探知機を通り抜け、カバンも
X線検査を通さなければ、持ち込むことができない。

政治や言論にたずさわる人々が働く場所では、もう少し警備を強化した方が良いのではないだろうか。

(文と絵・熊谷 徹 ミュンヘン在住)

保険毎日新聞 2006年3月