熊谷 徹の著書                          

  書名 刊行年 出版社 内容
 1   ドイツの憂鬱


1992年 丸善ライブラリー ベルリンの壁崩壊からわずか一年で達成されたドイツ統一は、この国にどのような変化をもたらしたのか。旧東ドイツを中心に現地取材。

 2 新生ドイツの挑戦

1993年 丸善ライブラリー ドイツ統一後、新しい座標軸を求めて苦闘するドイツ人たちの姿を描く。旧東ドイツを中心に現地取材。インタビュー多数。
  世界の古書店
共著)

1994年 丸善ライブラリー 世界各国の古書店探訪。ミュンヘンの古書店を紹介した。
 3 住まなきゃわからないドイツ(単行本)
1997年 新潮社 実際に住んでみなくてはわからないドイツの生活、社会、文化などについて、筆者自身の手によるイラストとともにつづったエッセー集。気楽に読んで頂けます。

  住まなきゃわからないドイツ(文庫版)
2001年 新潮社 内容は単行本と同じですが、
表紙のイラストは描き下ろしです。
おかげさまで7刷になりました。
 4 寄り道しなきゃ
わからないヨーロッパ(単行本)

2003年 新潮社 ヨーロッパに腰を落ち着けたジャーナリストの、ちょっと変わったヨーロッパ紀行。イスラエル、イタリア、ギリシャ、ポーランド、旧ユーゴ、チェコなどあなたの旅行の参考になる情報満載です。筆者のイラスト入り。
 5 びっくり先進国ドイツ
(単行本)

2004年 新潮社 ドイツでは日本と違って、夏休みに宿題が全然出ない?会社で誕生日や結婚のお祝いをする?意外なドイツ社会像が盛りだくさんです。さらに、市電を利用したミュンヘン市内のミニ旅行、バイエルンのレトロな居酒屋など、旅行のヒントにもなる情報が満載されています。ドイツ人のせっかちな性格や、強烈な個人主義、整理好きなど、彼らの国民性を理解するための手がかりも隠されています。ドイツに住んでいる人にも、これからドイツで旅行を計画している人にも、参考になる本。筆者のイラスト入り。
 6 ドイツの教訓
変り行く自由化政策と原子力政策
(新書)

2005年 日本電気協会新聞部 1998年のドイツ電力市場の自由化と、赤緑政権の脱原子力政策は、ヨーロッパ随一の工業国の経済にどのような影響を与えたのか。筆者のイラスト入り。
 7 「ドイツ病に学べ」

(新潮選書)

2006年 新潮社 世界第三の経済大国が陥った「ドイツ病」の実態と原因を、ドイツ在住16年のジャーナリストが分析する。
  びっくり先進国ドイツ
(文庫版)

2007年 新潮社 「びっくり先進国ドイツ」の文庫版です。表紙のイラストは描き下ろしです。
 8 ドイツ人は過去と
どう向き合ってきたか

2007年 高文研 2007年12月に、平和と協同のためのジャーナリスト奨励賞を受賞しました。
 9 顔のない男
東ドイツ最強スパイの栄光と挫折

(単行本)

2007年 新潮社 .
 10 観光コースでないベルリン

ヨーロッパ現代史の十字路


(単行本)


2009年 高文研

目次
第1章 ベルリンに刻まれたナチスの記憶          
第2章 ポツダム宣言からベルリン封鎖へ          
第3章 ベルリンの壁建設から崩壊まで                            
第4章 秘密警察の影と東西スパイ戦争                          
第5章 社会主義時代の残像を求めて          
                   
第6章 よみがえる首都                    

 11 あっぱれ技術大国ドイツ

(新潮文庫)
 2010年  新潮社
目次
第1章 世界を制覇したドイツ技術者魂
第2章 ドイツ企業を支える中規模企業
第3章 テュフトラーの国・ドイツ
第4章 歴史に名を残すテュフトラーたち
第5章 きっちりドイツ人の根源は?
第6章 社会保障もきっちり行なうドイツ人
第7章 信頼の資本とミッテルシュタント
 12  なぜメルケルは「転向」したのか

単行本
 2012年 日経BP社  目次
第一章 福島事故とドイツ人
第二章 なぜドイツ人は原子力に反対してきたのか
第三章 福島事故後のドイツ人のリスク分析
第四章 日独間のリスク意識と人生哲学の違い


アマゾン・リンク
 13  脱原発を決めたドイツの挑戦
再生可能エネルギー大国への道


新書
 2012年



 角川SSC新書  目次
第一章 なぜドイツは原発を捨てたのか
第二章 日本と大きく異なるドイツの電力市場
第三章 エネルギー革命の全貌

第四章 ヨーロッパ電力市場の行方

アマゾン・リンク
 14  ドイツ中興の祖
ゲアハルト・シュレーダー
 2014年  日経BP社   目次
第一章 社会保障を削った男
第二章 どん底に転落したドイツ
第三章 フォルクスワーゲン取締役ペーター・ハルツ

第四章 ドイツ経済、再浮上
第五章 改革が深刻化させたワーキング・プアー問題
第六章 政治家シュレーダーの実像
第七章 社会的市場経済という思想

アマゾン・リンク
 15  日本とドイツ 二つの戦後 2015年  集英社新書  アマゾン・リンク
 16  ドイツ人はなぜ、
1年に150日休んでも仕事が回るのか
 2015年 青春出版社   アマゾン・リンク
 17  ドイツ人が見たフクシマ  2016年  保険毎日新聞社  アマゾン・リンク
 18  偽りの帝国
緊急報告・フォルクスワーゲン
排ガス不正の闇
 2016年  文藝春秋  アマゾン・リンク


福田直子の著書

書名 刊行年 出版社 内容

大真面目に休む国
ドイツ




AMAZONで購入する
2001年 平凡社 ドイツ人のサラリーマンや公務員は、毎年6週間の有給休暇をすべて取るのが当たり前。バカンス先進国の理想と現実をリポートすることによって、これまであまり知られていなかったドイツ人像を、浮き彫りにする。
主なテーマ
  • ドイツ人のエクソダス
  • 限りなくドイツに近い島
  • キャリアウーマンとマイホームパパ
  • 東へは行きたくない?
  • 万博よりバカンスを!
  • アフリカ冒険の旅          など
日本はどう報じられているか

2004年 新潮社 新潮新書。共著の中で、ドイツの報道機関が日本についてどう報道しているかについて、福田直子が執筆しました。

バブル崩壊以降、ドイツのマスコミの日本に対する見方は、厳しくなり関心も薄れる一方です。

ドイツの犬はなぜ吠えない?

2007年 平凡社